フレンチオープンテニス 錦織

フレンチオープンは、毎年この時期パリのローランギャロスで開催されています。今日今まさに、テレビで錦織対韓国の選手の試合中です。錦織選手の試合は、いつも見ていられなくなります。危なっかしいのです。今日はミスが多いです。せっかくワンブレイクし、二個目のブレイクが取れそうで取らないでいると、いつも相手が調子を上げて、ブレイクバックされ、窮地に追い込まれると、負けるのではないかと、見ている私たちは、はらはらして、見ていられなくなるのです。

今は何とか2セットを取りました。早く勝って欲しいものです。韓国の選手は、有望な若手21歳でとても伸びている選手のようです。とてもがっしりした体格でアジア人でもあれだけがっしりした体系なら、これからどんどん強くなるように思います。錦織選手は、欧米の選手から見ると華奢で小さく見えますね。

錦織選手と言えば、3流くらいのモデルとつきあっているようですよね。ジャニーズとも合コンしている写真が流出するなどあまり評判のよくない子で、挨拶もろくにできないので、錦織選手の両親は会うのを嫌がっているという週刊誌の見出しを見たことがあります。でも最近は、海外のテニス会場にその彼女が座っている姿がテレビに映るので、ついにご両親も許したのでしょうか。海外のフェンディーでたくさん買い物した二人の写真を見たことがあります。お買いものし放題なのでしょうか。うらやましい話です。

現在フレンチオープンが開催されているパリは、つい先日はかなりな気温の高さだったようで、35度もある日があったようです。パリは気温の変化が日本より激しい都市のように思います。晴れたら日差しも強いですし。実はうちの主人はテニスが大好きで、パリに行ったときに一人で、ローランギャロスのテニス会場だけを見学しに行ったことがあります。もうずいぶん前のゴールデンウィーク中ですから、フレンチオープン前の時期ですが。赤土のコートだけ、見に行ったのです。ローランギャロスは、パリ16区のブローニューの森近くにあるのですが、その近くに競馬場もあり、馬が走っている姿を偶然見かけたようで、日本の競馬場とパリの競馬場では雰囲気がまるで違ったと言っていました。パリの競馬場はなんとも優雅な雰囲気で、馬ってあんなに美しいと知らなかったと言っていました。ギャンブルな雰囲気がなく優雅だったようです。そういえば、エルメス杯でしたか女性は、素晴らしいデザインの帽子をかぶって競馬場へ行くようですよね。そんなに素敵なら見てみたいものです。

主人は錦織選手が現役のうちに、一度フレンチオープンへ行きたいようです。問題は仕事が休めないこと。中間管理職になって、長い休みが全く取れなくなり海外へは行けないのです。それならなんとか日本でと、昨年はデビスカップが大阪であったので、それを観に航空券とホテル、テニスのチケットと、手配したのですが、台風直撃でその後処理をする仕事のため結局行けなかったのです。可愛そうでした。今年も大阪でまたデビスカップがあるようですが、肝心の錦織選手のが出るかはわからないようです。テニスって試合が多く、デビスカップまで出ていたら、身体がもたないようです。

今まだ決着がつかないフレンチオープン3戦目。何とか頑張って欲しいものです。